引っ越し見積もりを一括でプロが代行してくれる

引越しの見積もりが高いか安いか分からない時の目安

引越しの見積もりが高いか安いか分からない時

 

引越しの見積もりをとった後で気になるのは、
「この見積金額って相場なの?」ってことです。
確かに安い方が良いけど、
安すぎて引越しの質が悪くなっても困る、
でも、この金額はどうなんだろうってことはよくあります。

 

 

引っ越しの見積金額は数万円から数十万円という感じで、
距離と荷物の量、そして引越し時期によって簡単に変化します。
このため相場が分かりにくいというのがあるのは確かです。

 

 

また、同じ引越し業者を前回も今回も使っているのに、
引越しの見積金額が全然違ってどうなのこれ?
ということになる場合もあります。
こういうとき、まずは以下の点を踏まえているかどうかで
今の見積もりが高いのか安いのか、それとも普通なのかが見えてきます。

 

引越しの時期が繁忙期なのか閑散期なのか、それとも通常期なのか

引越しの見積もりを大きく変えるのが、この引越し時期です。
繁忙期と閑散期では3倍近く金額が変わります。
同じ引越し業者を使っていても、
前回の引越しが繁忙期で今回の引越しが閑散期なら、
その金額は相当違う事になります。
また、この逆もそうで、びっくりした金額になります。
通常、繁忙期というのは3月中旬から4月上旬を意味しています。
閑散期は1〜2月。
それ以外が通常期という感じです。
どこに引越し時期があるかでかなり違ってきます。

 

引越し日が土日祝日なのか、それとも平日なのか

引越し時期が見積もりに与える影響は大きいのですが、
それに加えて影響するのが曜日です。
最近は大安かどうかにこだわるケースは少なくなっていますが、
それよりも土日祝日なのか平日なのかの方が重要です。
土日祝日は必然的に引越希望が集まりやすいためl
平日よりも高くなりやすいです。
逆に、平日であれば通常よりも割引がされやすいです。

 

午前の引越しなのか午後なのか、あるいはフリーなのか

引越しで一番お金が掛かるパターンは朝から夜まで引越しに掛かるケースです。
一方で午後の引越し、あるいは引越し業者にお任せの場合は見積もりが安くなりやすいです。
特に引越し業者に日程・時間を任せる場合が一番安くなりやすいです。

 

特殊な荷物移動が少ないかどうか

ピアノなどの搬送をイメージすると分かりやすいのですが、
特殊な荷物の搬送の仕方をする場合、料金が高くなりやすいです。
たとえば、エレベーターが無い建物で3階以上の移動がある場合などは追加料金が掛かりやすいです。
また、窓から荷物をつり上げ下げする必要がある場合も同様です。
これは引越し元・引っ越し先の両方の移動に影響をするため、
特殊な条件になればなるほど高くなりやすいです。

引っ越しの見積もりが高いと感じたときは、他の引越し業者に見積もりを依頼する

引越しの見積もりが高いか安いか分からない時

 

一社から見積もりを取った後、
それでとりあえず受け入れた場合、
普通は契約していることが多いです。
※見積もりにサインをしている場合など。

 

 

でも、時間が経つにつれてどんどん気になるケースも多いです。
こういう場合、一旦キャンセルするか、
急いで別の引越し業者に見積もりを依頼します。
キャンセルについては
ほとんどの引越し業者は「標準引越運送約款」というものを使っています。
見積もりの裏面などに記載があるのですが、
ここに「解除について」というのが記載してあります。

 

 

そこに、引っ越し日当日あるいは前日は見積金額の10%〜20%を支払う、
と記載してあると思います。
つまり、早めのキャンセルならば引っ越しのキャンセルに対して、
キャンセル料は発生しないということです。
ただ、後々、やっぱりこの業者で良かったという場合もあるため、
すぐにキャンセルをしないで、とにかく他の業者に見積もりをお願いすると良いです。

 

 

この時のコツは大手の引越し業者と中小の地元の引越し業者に
見積もりを依頼する方法です。
通常、大手よりも地元の引越し業者や中小の引越し業者の方が
見積金額が安くなります。

 

 

これは大手と競争して勝ち目があるのが価格になりやすいためです。
問題は、どこの引越し業者に依頼をすれば良いのか分かりにくいのと、
既に見積もりを依頼しているところにはお願い出来ないという点です。

 

 

お願いしている引越し業者が無ければ一括見積もりサイトを
使うという選択肢も採れますが、
既に見積もりをお願いしてしまっている場合、
この方法を取ることは出来ません。

 

 

ただ、他に方法が無いかというとそうでもなく、
最近出てきた新しいサービスであれば、
既に見積もりを得ているところを避けながら見積もりを取ることが出来ます。

 

 

それがこちら↓
1度の電話で、複数の見積が揃う引越し見積もり比較サイト【引越しラクっとNAVI】

サポートセンターとやりとりをしながら必要な見積もりをお願い出来る

引越しの見積もりが高いか安いか分からない時

 

引っ越しの見積もりを取るために
引越し業者に連絡をするのは結構どきどきします。
しかも、既に見積もりを取っていて、
それを比較するために他の引越し業者に連絡をするなら尚更です。

 

 

こういうときに一括見積もりサイトを使えれば良いのですが、
普通のサイトでは上にも書いたとおり難しいです。
こういうケースでもうまく引っ越しの見積もりを取ることが出来るのが、
新しいサービスで出てきた、サポートセンターの仕組みを使う方法です。

 

 

このサポートセンターの仕組みは面白くて、
まず始めに見積もりの依頼をします。
その時に入力するのは連絡先と連絡希望日時程度です。
後は、指定した日時にサポートセンターから連絡が来て、
依頼者の希望と引っ越しに必要な情報をヒアリングしてくれます。

 

 

この時に「既にこういう引越し業者に見積もりを依頼したのだけど、
相場をチェックしたくて他の業者もお願いしたい」という風に伝えればOKです。
そして、出来れば大手と中小の地元の引越し業者の見積もりが欲しいといえば、
さらにOKです。

 

 

サポートセンターでは依頼者の希望に合わせながら、
その希望にあった引越し業者に見積もりを依頼してくれます。
これは今までの一括見積もりサイトでは出来なかったことですが、
漸くここまでサービスが向上してきました。

 

 

しかも、ここのうれしいのは見積もりの結果を管理画面で一通りチェック出来るのと、
キャンセルをしようと思えば、管理画面からキャンセル出来る点です。
今の見積もりがどの程度なのかを知る上ではものすごい便利です。
そして、結果的にやっぱり他の業者が良いとなったときには、
同じく管理画面から依頼すれば良いだけですから手間も掛かりません。
※この時は最初の引越し業者にはちゃんとキャンセルを伝えておかないと
二つの業者が引っ越し日に来ることになっちゃいます。

 

 

引っ越しの見積もりを上手に比較したい、
こちらの事情に合わせて見積もりを取りたいときには
力になってくれるサイトです。
気になる場合はチェックしてみてください↓